Kalte Welle

例年より早い寒波が・・・

今年もドカ雪だったら嫌だなあ。

12月も半分まできた。10日の市民合同音楽祭も無事終わり、念願だったStratford組曲も演奏できた。臨時編成の楽団ゆえにリハーサルや奏者のバランスなどに毎年悩むが、流石に大人のバンドは音楽性が高く良い演奏だったと思う。

16日はいよいよけやきのクリスマスコンサート。こちらも長く続けられてきたもので、会場の霞城セントラルはとても寒いが残響が長く、なかなか雰囲気が良い。今年のコンサートでは私のソロもあり、とても楽しみだ。

Stratford

5日から昨日まで、10日が本番の市民合同音楽祭のリハーサル。

今年はモリコーネの映画音楽から、有名なナンバーを組み合わせて編曲されたものと、ハワード・ケイブル作曲の「ストラトフォード組曲」を演奏する。

「ストラトフォード組曲」は、1964年のシェイクスピア400年祭を記念して作曲された4楽章からなる曲で、代表的な4つのストーリー「リチャード3世」「ウインザーの陽気な女房たち」「お気に召すまま」「ヘンリー8世」をイメージして書かれている。作曲者のケイブルはカナダ人で、カナディアンブラスの初期にアレンジを手がけたりしていた技巧派の作曲家。私はこの曲を武蔵野音大時代にウィンドアンサンブルで演奏したことがあり、いつか再び演奏してみたいと思っていたが、ようやく実現することになり(指揮するとは思っていなかったが)とても嬉しく思う。

曲の難易度は高い方で、今回は皆さんも苦労していたが、リハーサルを重ねて何とか本番に出せる仕上がりになってきた。日本ではほとんど演奏されなくなってしまったが、とても魅力ある素晴らしい曲なので、多くの方々にぜひ聴いていただきたい。

Probe

きれいな青空に彩られた街を走り、午前中は金管アンサンブルのレッスンに行く。生徒たちは反応も良く楽しく過ごす。午後は久しぶりに楽器を整備し、自宅で受験生のレッスン。夕方からはけやきのリハーサル。今日は4時間の集中練習で、プログラム全曲をしっかり創る。やはり時間があると仕上がりも良い。できれば合宿なんかしてみたいけど、難しいだろうなあ…自分のソロはHighDを伸ばしていたら一瞬ホワイトアウトした(^_^;)

 

Dezember

今月最初の本番は、毎年恒例の市立図書館でのクリスマスコンサート。今年もたくさんの子供たちに楽しんでいただけた。この後午後はクリニックとレッスン・・・

今月は10日に市民合同音楽祭、16日にはけやきのクリスマスコンサート、またアンコン前のレッスンやコンクール審査員など「師走」にふさわしい忙しさ。もちろん忘年会も