Biografie

Profil

HIROSHI SATO 佐藤裕司

Geburt:1959/11/23/Nayoro,Hokkaido

Höhe/178cm

Blutgruppe:+A

Menschen zu Respektieren:Steve Jobs    Adolf Herseth

 

1959年北海道名寄市出身。幼少時からピアノを、11歳からトランペットを始め、1978年に武蔵野音楽大学に入学し、福井 功、戸部 豊の両氏に師事しトランペットを学ぶ。卒業後はフリー奏者を経て1984年1月より2013年3月まで山形交響楽団でトランペット奏者を務め、楽団の発展と金管セクションの充実に大きく貢献した。また、音楽家の職能組合である日本音楽家ユニオン(MUJ)のオーケストラ演奏家で組織されるオーケストラ協議会の議長を2003年から2011年の間務め、音楽文化の発展と音楽家の社会的地位向上のため、国内外で広く活躍した。現在はフリーのトランペット奏者として東北各地において演奏と指導、教育活動を行うほか、指揮者としても活動の場を拡げている。

山形交響楽団のトランペット奏者としては、1984年から1992年まで第2トランペットを、1992年から2001年までは主に第1トランペットを、2001年から2013年まで再び第2トランペットを演奏した。また、オーケストラ奏者としての活動と並行して、ソロ活動や室内楽活動も行い、これまでに秋田市や山形市でリサイタルを開催し、好評を博した。室内楽の分野では、東京都交響楽団のメンバーで構成された「東京メトロポリタンアンサンブル」としばしば共演したほか、山響のメンバーで組織された金管アンサンブルでも活動した。

指揮者としては、1999年から山形市役所ウィンドアンサンブルの常任指揮者を務め、楽団の育成と強化を計り、演奏能力を大幅に高め、2003年と2004年には東北代表として全日本吹奏楽コンクール職場の部(当時)に出場した。また、けやきの森ブリティッシュブラスバンドでは、楽団草創期より指導にあたり、2004年の正式発足より常任指揮者として演奏技術と音楽性を大きく向上させ、その演奏は近年国内で盛んになりつつあるブリティッシュスタイルのバンドの中においても高い評価を得ており、注目すべき存在となっている。そして2016年4月からは音楽監督に就任し、音楽面と併せてさらなる楽団の発展を図ることが期待されている。

教育関係では、山形北高等学校音楽科で1987年からトランペット講師として後進の指導にあたり、数多くの生徒を育成しているほか、吹奏楽指導者としても東北各地でクリニックや審査員など広範な活動を展開し、その指導力は高く評価されている。

 

国際トランペット協会(ITG)会員

日本ブラスバンド指導者協会会員

 

写真

P1070733