satoh のすべての投稿

北海道出身。武蔵野音楽大学卒業後、1984年より山形交響楽団でトランペット奏者を務めている。オーケストラでは主にセクションプレイを通して、近年特に充実著しい山響のサウンドに貢献している。演奏活動の他にはソロ、室内楽などを行っている他、個人レッスンやスクールバンドの指導、ワークショップなどを東北各地で積極的に展開している。指揮活動では、1999年より指揮者を務めている山形市役所吹奏楽団を率いて、2003、2004年と連続して全日本吹奏楽コンクールに出場したほか、けやきの森ブリティッシュブラスバンドでは、創立当初より指揮者を務めている。現在、山形交響楽団トランペット奏者、山形北高音楽科、山形短期大学各講師。国際トランペット協会(ITG)会員。

Kalinnikov

明日から定期のリハーサルが始まります。今日は仕事はオフで、練習中です。カリニコフは以前に
第1番を演奏しましたが、この第2番も良い曲です。金管セクションとしては様々な表現力が求められる
曲ですね。写真の楽器は昨年12月から使用しているヤマハ・シカゴモデルYTR-9445CHSです。仕事の90%
はこの楽器で演奏します。ヤマハのトランペットを使用してから23年が経ちますが、この楽器は最高です!
マウスピースはトシ・トランペットアトリエの亀山さん製作の、マウントヴァーノン1-1/2Cのコピーモデルです。
今回の定期は、レコーディングとNHK-BSのテレビ収録があり、プレッシャーとストレスがかかりますが、
maestro飯森と山響がどんな響きを出すのか楽しみでもあります。

 

p1000794

Anfänger 2

少しづつサイトをコントロール出来るようになってきました。大学時代からの親友で、web作成会社の
N氏と担当Y氏のおかげです。まだプレビュー状態ですが、頑張ってアップデートしてゆきたいと思います。

Anfänger

Anfänger(初心者)

連休中は山響も5/1、2日のみ仕事で、メンバー達は休養や帰省などで
もうすぐ始まる猛烈なスケジュールに備え、リフレッシュしている事でしょう。
私はこのウェブサイトをコントロールするため、今日は悪戦苦闘しています。
コンピューターはすでに10年以上使っていますが、ホームページやブログ作成などには
これまでほとんど関心がなく、???という感じです。
しかも、すでに公開されているという状態・・・・。しばらくは混乱が続くかも。

Willkommen

このウェブサイトにお越しの皆様、はじめまして.
山形交響楽団 トランペット奏者 佐藤裕司です。

Buchstabeとは、ドイツ語で「文字」というような意味の言葉です。
また、私たちオーケストラの世界では、楽譜に書かれている練習番号
(フレーズなどの節目に記されている記号、アルファベットで表記する)の事を指します。
音楽の流れのように、日々のストーリーや様々な情報などをお伝えし、多くの方々と交流をすすめてゆきたいと考え、
このウェブサイトを始める事にしました。どうかよろしくお願いいたします。