satoh のすべての投稿

北海道出身。武蔵野音楽大学卒業後、1984年より山形交響楽団でトランペット奏者を務めている。オーケストラでは主にセクションプレイを通して、近年特に充実著しい山響のサウンドに貢献している。演奏活動の他にはソロ、室内楽などを行っている他、個人レッスンやスクールバンドの指導、ワークショップなどを東北各地で積極的に展開している。指揮活動では、1999年より指揮者を務めている山形市役所吹奏楽団を率いて、2003、2004年と連続して全日本吹奏楽コンクールに出場したほか、けやきの森ブリティッシュブラスバンドでは、創立当初より指揮者を務めている。現在、山形交響楽団トランペット奏者、山形北高音楽科、山形短期大学各講師。国際トランペット協会(ITG)会員。

FIM Meeting 2

昨日は外に飲みに行かず、ホテルのバーでビールを飲んだだけで充電マークが点滅し、爆睡でした。今日は土曜日(日本より12時間遅い)で、早朝からビーチや歩道をジョギングしている人たちがたくさんいました。ショーツ持ってくれば良かった・・・。

今日も9時半からセッションが始まり、これまでFIMに加盟していなかったいくつかの国と地域が新たに加盟を申し込んできた事についての検討が行われたり、昨日に引き続き著作権について議論が激しく(!)展開されました。中でも、iPodが現れてからの音楽のダウンロードについて、国別での解釈の違いが予想よりも明確になった感がありました。日本の私たちはすでに日常の事となっているダウンロード販売、実は著作権上の法整備がハードの発達に追いついていない状況なのです。個人的には山響のCDもダウンロード販売できると世界中の音楽ファンに買っていただける可能性が増えると思うのですが・・今のところはすぐに販売!とは行かないのが現状です。もう少し権利者(演奏家)、販売者、ハード製造者のそれぞれがさまざまな要因の合意に達するのに時間が必要です。ファンのみなさま、今しばらくお待ち下さい。

今日もたくさん議論をしたので、これからブラジルの民族音楽を聴きながらみんなで飲み会です! 

p1000943_2
p1000947
p1000950

FIM Meeting 1

今日から会議が始まりました。今回は、FIM(国際音楽家連盟)に加盟する72の国と地域のうち、19ヶ国からなる理事会になります。朝食会場では、再会を喜びあう姿があちこちで見られ、私もたくさんの友人たちと朝のあいさつを交わし、お互いの近況などを報告しました。会議場は、ホテル最上階に位置し、コパカバーナ海岸が一望出来る会議室で行われ、始めのセッションはブラジルのユニオンとブラジル政府の文化行政関係者などからなるパネルディスカッションでした。ブラジルでは学校での音楽教育が義務づけられていなく、教育制度の中における音楽教育の重要性の話が出たり、世界中の音楽家の最も重要な問題である「知的所有権」つまり著作物の無断使用、コピー、海賊版などで実演家の地位が脅かされている事への対策についてなど、私たち音楽家が抱える問題について議論が展開されました。

この「知的所有権」は、世界の音楽ユニオン、俳優ユニオン、作家などのユニオンが共同で新しい法律作りに向けた作業、たとえば国連関連の団体を通して各国の政府や関係機関に勧告を出す、といった事が行われています。このブログはユニオンのサイトではないので、あまり話が難しくなってもいけませんね。しかし、音楽家のユニオンがどのような活動をしているのかについては、これからも少しづつ紹介してゆきたいと思います。

写真は会議の模様と、海岸の夜景、それとリオの名所で2007年にインターネット投票が行われ、世界七不思議の一つに選ばれたコルコバードの丘のキリスト像です。

p1000917
p1000936
p1000933

Rio de Janeiro

ついにリオ・デ・ジャネイロに到着しました。サンパウロから約30分のフライトでした。入国手続きが済んで、国際会議の際は毎回お世話になっているスーパー秘書兼通訳のエヴェリン・ラクナーさんと再開し、タクシーでホテルまで向かいます。高速は大変速く流れていて、車好きな私には興味がそそられる怪しい車がたくさんいます。ホテルは有名な「コパカバーナ海岸」まで歩いて1分、つまり目の前!チェックイン後はラクナーさんとランチに出かけ、地元料理を食べた後、1人で海岸に出かけて散歩してきました。大西洋の海水に初めて触れたあと、砂浜にあるカフェでビールを飲みながらゆっくりしてきました。現地は秋から冬に向かう時期だそうですが、普通に泳いでいる人がたくさんいたり、女子のビーチサッカーチームが練習ををしていたり、広々としたビーチがにぎわっていました。私は1人であちこち探検するのが大好きな方なので、その後もビーチ付近を歩いてブラジルの雰囲気に浸ってきました。

成田を出てからほとんど2日以上、ちゃんと寝ていないので、これから2日分寝ます。明日からはまじめに仕事します。

 
p1000887
p1000895
p1000902

San Pauro

成田を出発してから36時間以上経って、ようやくサンパウロです。ここから国内線に乗り換えリオ・デ・ジャネイロへ向かいます。移動中はとにかく暇で、iPodに入れてある山響のCDを全部聴いたりしていました。1枚目のシューマンと最新のブルックナーとを比べると、オーケストラの変化がよくわかりますね。先ほどカフェでコーヒーを飲みましたが、期待通り美味しかったです。写真は、TAMというブラジルの航空会社のサポートカーとして活躍している空冷のVW Type 2です。ブラジルでは空冷の旧式VWがたくさん使われているのは知っていましたが、Type 2が現役で、しかもたくさん使われているのには驚きました。旧型ビートルのタクシーにもぜひ乗ってみたいと思います。それではリオに向かいます。

p10008641

Washington D.C

成田から約13時間のフライトを経て、ワシントンD.Cのダレス国際空港で乗り換え待ちです。入国審査の列に並ぶとこ2時間!先ほどようやく手続きが済み、搭乗待合室です。日本とは11時間の時差で、今は出発した時と同じ20日の19:45分です。体内時計は21日の午前8時45分なので、とにかく眠いです・・・。今は世界中どこでもWi-Fiでインターネット接続ができるので、日本のニュースを見たりメールを書いたりして過ごしています。リオへの出発は22:00なので、まだ2時間ほどあります。それから9時間かけてリオへ・・・。早くホテルで休みたいです・・。

p1000851

Narita Airport

山響は昨日から山形市内の小学校対象の鑑賞教室で、金曜日まで山形市民会館です。私は、特別に楽団を離れてFIM(国際音楽家連盟)の執行委員会に出席するため、成田空港で1人搭乗待ちです。私のプロフィールにも記してありますが、私は現在、MUJ(日本音楽家ユニオン)のオーケストラ協議会の議長を務めており、MUJを代表する1人なのです。FIMには日本を始めほとんどの国の音楽家ユニオンが加盟していて、4年に1度の総会と、毎年の執行委員会が開かれます。実は私は1997年(イギリス、健康問題について)2008年4月(ベルリン・国際オーケストラ会議)10月(南アフリカ・ヨハネスブルグ、総会)に続く4回目の会議参加です。今回はインフルエンザの件があったので、開催が疑問視されましたが(心配していたのは私だけ・・のようです)問題ない、とのことで開催することとなりました。空港内は思ったよりマスク姿も少なく、今日は平日ということもあるでしょうが、落ち着いた雰囲気です。

もちろん、マスクは持ってきてます。搭乗中は付けようかと思います。で、今回の行き先は、ワシントンD.Cで乗り換えてブラジルのリオ・デ・ジャネイロです・・・・乗り換え待ちを入れると24時間以上のフライトです。アフリカも遠かったけど、その比ではないようです・・・・。どうやって過ごそうかな・・・。ブログも頑張って毎日アップしたいと思います。それでは、行ってきます。

 

p1000843

Kalinnikov、Lalo and Ravel

ハードな4日間のリハーサルとレコーディング、2日間の本番がやっと・・終わりました。
聴きにいらして下さった皆様、本当にありがとうございました。
今回は異例のスケジュールと集中、スタミナを要求されるプログラムで、消耗しましたが、得るものも
多い1週間でした。特にラヴェルでの美しい響きと透明感、ソロホルンの素晴らしさ、またラロでの色彩感と
集中力、そしてカリニコフでの作品のイメージを変えるほどの響き・・第2楽章のイングリッシュホルンの歌!
私自身が演奏しながら癒されるような、素敵な時間でした。

ステージの写真は山響ブラスセクション付近(?)です。ここは山響の演奏を聴く特等席でもあります。
そしてNHKのハイビジョンカメラ・・彼らのプロフェッショナルぶりにも感銘を受けました。

放送は、5月31日(日)21:00からです。今回いらした方も、そうでない方もぜひご覧下さい。

山響は明日から山形市民会館で、山形市内小学校の音楽鑑賞教室です。

私はある事情で今週、来週と楽団を離れますが、詳細はこのブログで随時報告してゆきます。お楽しみに!

p1000812
p1000813

Kalinnikov 3

5月7日からの試験運用もおわり、今日からサイトが正式スタートです。あらためてこのサイトをご覧の皆様、
よろしくお願いいたします。サイトの開設にあたっては株式会社Net-Wの方々に大変お世話になりました。
ありがとうございました。

さて、山響のリハーサルも12日から始まり、今日が4日目です。
通常は定期公演のリハーサルは3日間ですが、
今回はCD作成のためのレコーディングと、17日の本番がNHK-BSでの収録があるために
特別なスケジュールが組まれています。
リハーサル、といっても今日は事実上レコーディングセッションです。
昨日から山形テルサでのリハーサルですが、
すでに収録を行いながらのリハーサルで、緊張した雰囲気を漂わせながらの演奏でした。
幾度も同じ部分を録音しなおした場面もありましたが、集中力を失わずに演奏できたように思います。
明日の本番が楽しみです。たくさんの方々がご来場下さるよう、願っています。

p1000811

下の写真は今日午前中のショットです。市内の楽器店で選定作業中です。ウォーミングアップをしながら楽器をチェックしています。

p1000810

Kalinnikov 2

180px-vasily_kalinnikovリハーサルの一日目が終わりました。カリニコフ(写真)は近年、注目されるようにはなってきましたが、われわれプロの間でもそれほど知られているわけではありません。調べてゆくと、豊かな才能を持ちながらも不遇の時を過ごし、チャイコフスキーやラフマニノフに認められ指揮者として活躍し、作曲家としてもロシアの伝統に基づく美しい作品を残すが、病に倒れ35歳で夭折する・・・。第2楽章のコールアングレ、オーボエ、弦楽器の美しい旋律の中に時おり感じられるはかなさからは、ある種の諦観が伝わってくるようです。

それに対して第4楽章は推進力にあふれ、ロシアの作風に良く見られるように金管楽器が大活躍します。自分としては今日は少し吹きすぎてしまったと思っています・・・。

山響ではモーツァルトやシューマンなどでピリオド楽器を用いた演奏を行っていますが、カリニコフの時代の金管楽器も現在のもとは違い、管の内径が細く、ベルの開きも小さいため、今よりもタイトな響きがしたはずですし、演奏法そのものも現在とは異なる部分もあるはずです。ロシアの金管といえばソヴィエト時代からの強く大きな音が有名ですが、作曲家のイメージしていた音を再現するのが演奏家の仕事とすれば、カリニコフの響きとはどのようなものなのか・・・カリニコフ自身は、生前に自分の交響曲の演奏を聴く事はなかったと言われています。私たちの演奏を彼が聴いたらどのように思うのか・・・そんなことを考えながらのリハーサルでした。

Kalinnikov

明日から定期のリハーサルが始まります。今日は仕事はオフで、練習中です。カリニコフは以前に
第1番を演奏しましたが、この第2番も良い曲です。金管セクションとしては様々な表現力が求められる
曲ですね。写真の楽器は昨年12月から使用しているヤマハ・シカゴモデルYTR-9445CHSです。仕事の90%
はこの楽器で演奏します。ヤマハのトランペットを使用してから23年が経ちますが、この楽器は最高です!
マウスピースはトシ・トランペットアトリエの亀山さん製作の、マウントヴァーノン1-1/2Cのコピーモデルです。
今回の定期は、レコーディングとNHK-BSのテレビ収録があり、プレッシャーとストレスがかかりますが、
maestro飯森と山響がどんな響きを出すのか楽しみでもあります。

 

p1000794